万年筆のお手入れ。色彩雫(いろしずく)を。

今日は、セーラー万年筆 のペン先のお手入れ。 

ちょっと使わなでいたから、中のインクが乾いてしまった^_^;

ペン先とコンバーターをぬるま湯へ。

  
このユラユラ溶けて出てくるインクをながめるの、けっこう好きだったりする。

あー、キレイになってっいってるー、、、ってねw
何度かぬるま湯を変えて。

(変えなくてもいいんだけどね。気になって変えちゃう)

  
取り出してからは、柔らかい布なんかでそっと水気を拭いて、自然乾燥。
入れるインクはパイロット万年筆の色彩雫(いろしずく)シリーズの孔雀。

 

このインクの色は、本当にキレイ。

緑がかった青。 

緑が濃くなっていくこの季節に ちょうどいい色☆

 

色彩雫のシリーズって、日本人のツボをしっかり押さえてるって 毎度ながら感心する。

発色もクリアだし、トメ・ハネ・ハライのにじみ具合が「私でも美文字に書ける!」って気持ちにしてくれるしww 

以前は、大きなインクボトルのサイズのみで販売してたけど、小さなボトルになってて、(´・_・`)。。。ってなったもんです。

試すにはちょうど良い量。お手頃じゃん。

なーんかなー。

ペン先をお手入れしてたら、新しい色も挑戦しようかな、、、とか思いはじめてますが。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ