きたー!岸辺露伴☆

きたきたー!荒木飛呂彦さんの

「岸辺露伴ルーヴルへ行く」。

生で見ると、やっぱりインパクト大な表紙。

 

「岸辺露伴は動かない 」も大好きだけど、こっちの「ルーヴルへ行く」まではどうしよう?
ハードカバーでオールカラー・B5版だし¥2880。
うーむ。。。観賞用???

と、しばしの放置プレイ…。
久しぶりに「岸辺露伴は動かない」を読んだら無性にルーヴルの方も読みたくなりまして。

 これが裏。 

最高でした。

荒木飛呂彦さんの画力は言うまでもなく。最後まで一気に読ませるストーリー。

(2011年発刊なので今更だけど、中身には触れません)
泉鏡花のような世界観。

荒木ワールドにドップリ。
真夏にこんな耽美な世界に浸るのもまた良し。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ