田代知子さんの『おとぎ話のぬり絵シリーズ・お姫さまと妖精のぬり絵ブック』楽しい(^_^)

大人の塗り絵、思った以上に楽しいです!おススメ!!

まずはピンときた塗り絵をゲットしてみましょう!

ぬり絵ブーム、続いてますよね。
今では書店でも特設コーナーがあるほど。

どれもこれも楽しそうだけど、むずかしそう、、、とお考えのアナタ。
まずは、ピンときた表紙のぬり絵から始めてみてください。

1ページでも2ページでも、自分が「塗ってみたい!」と思ったページに色をつけていってみましょう。

時間を忘れて没頭できてしまいますから。

色をぬっているだけで、リラックスできて集中力を高められることが実証☆

私も2冊ゲットしました。
田代知子さんの
『おとぎ話のぬり絵シリーズ・お姫さまと妖精のぬり絵ブック』

 

タイトルだけ見たら、「ホントに大人のぬり絵なの?」と思われそうですが なかなかどうして。

表紙の絵でもこの細かさww

  

お姫さまと妖精のぬり絵ブック [ 田代知子 ]
価格:1404円(税込、送料無料)

安心してください。簡単なページもありますよ☆

もちろん、気軽に始められるページもありますよ(^_^)/

  

私が最初にスタートしたのはこの薔薇のページ。

   ほわぁ。。。。なんて細かさ(*_*)

こういうのワクワクしますwww

そしてユッタリぬること30分後…。

 

た、楽しすぎるΣ(・□・;)

見開きでこの細かい薔薇でミッシリ。

何日かかるでしょうかね。 

表紙のシンデレラや、えんどう豆の上のお姫さま・人魚姫・眠れる森の美女…と、41タイトルのぬり絵がたっぷり。
ぬってる間、余計なことを考えずに純粋に色を塗っていました。

慣れてきたらルドゥーテのぬり絵にも挑戦したい!

 
裏表紙です。  

観賞用?
ってくらい、見るだけでもウットリ。

大人の塗り絵 クーピーBOX [ 河出書房新社 ]
価格:2700円(税込、送料無料)

色の重ね方とか、確かに脳を使いそうです。
中身はいたってシンプルなんですけどね(^^;;
ルドゥーテのぬり絵は、ぬり方の解説つきです。

 
準備するのはぬり絵の本と色エンピツだけ。

あとは思うまま色をぬって、気持ちをリフレッシュさせましょう(´υ`)

さてさて、薔薇のぬり絵の続きをしましょうか☆

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ