大人のぬり絵(コロリアージュ)用に、水彩色鉛筆は、、、?

今回も大人のぬり絵に使う色鉛筆です。

大人のぬり絵、水彩色鉛筆でも試してみたい

大人のぬり絵(コロリアージュというらしいです)、普通の色鉛筆もいいんですが、私は色を重ねてぬっていくうちに 水彩色鉛筆も試してみたくなりました。

色鉛筆だけでももちろん満足なんですが、どうしても色を重ねた時にうまく混ざってくれない時があって。

で、ファーバーカステルの水彩色鉛筆を入手しました☆

  
こちらは24色タイプです。水彩色鉛筆だったら、絵の具のように色を混ぜられますからね。

  
それと!

あると便利なのがこの筆です。

ウォーターブラシ。

 

分解するとこんな、、、

 
本体に水を入れると、筆の先に水がジワジワと出てくるんです。

本体の水で筆先を洗えるので、これ1本あれば特別な道具も必要ありません。

カーンタン。

さて、水彩色鉛筆のぬり心地は?

まず普通にぬってみます。

  

 色鉛筆の線が分かりますね。

さて、筆を入れてみます。。。

   
  
ちゃんと溶けてくれますね。

 2色混ぜてみてこんな感じ。  

  

ここまで混ざってくれると、絵の具のように見えます(^-^)

水彩色鉛筆でキレイに濃くぬるには?

ただぬった色はこんな発色。

 

次は、先に紙を水でぬらしてから。

紙を筆でぬらして、乾かないうちに重ねぬりすると、ハイこのとおり。

 

ちょっと画像はボヤけてますが、花びらの色に注目です。

断然 濃くなりました。

にじみも出てきて風合いが増した感じ。

水彩色鉛筆で、ぬり絵を上手く仕上げるには?

普通の色鉛筆もそうですが、暗い(濃い)からぬっていくと成功しやすいみたい。

濃い部分を水で濡らしていって、ある程度乾いたら色鉛筆のみで色を重ねてみる。

そうすると、水彩と色鉛筆の両方のタッチが合わさって独特な立体感が出ました。

大人のぬり絵、本当に気持ちがいいですね。。。
丸缶に入っている水彩色鉛筆なんてのもありますからね。それとウォーターペンシルがあれは、持ち歩きも可能。
外出先・仕事先で、ちょっとした空き時間に気分転換…なんてのもいいかもです。

  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ