大人のぬり絵には、日本製の色鉛筆がオススメ。

「大人のぬり絵」で使う色鉛筆はお決まりですか?

今日は、私が日本製の色鉛筆をオススメ する理由をお話しします。

まずは、おとぎ話のぬり絵シリーズの続きです。

お姫さまと妖精のぬり絵ブック [ 田代知子 ]
価格:1404円(税込、送料無料)

『お姫さまと妖精のぬり絵ブック』田代知子さん著
今日は、‘ロココの装飾靴’のページに挑戦。
 

乙女心をくすぐる絵ですね(^з^)-☆

やっぱり日本製の色鉛筆は良い(´υ`)

使ったのは、ステッドラー、三菱色鉛筆、それとトンボ色鉛筆です。

  
ゆっくりユッタリ塗ること約30分。

こんな感じに。。。

 

4つの靴が完成しました。
「没頭する」って、余計な事を考えなくていいからリラックスできますよね。

やっぱり楽しいです(^_^)

そして いつも思うのですが、本が日本製だからなんでしょうか。日本製の色鉛筆の方がムラなくキレイに色が塗れるんですよね。

その国で作る紙の質ってあると思うんです。
もちろん、ステッドラーやファーバーカステルのような とても有名・優秀な文具メーカーの色鉛筆もあります。

けど。

ステッドラーは粉っぽい(?)…と言うか…キメが粗い…と、私は感じます。
この、黒い靴の赤いバラと葉は(下の↓画像)ステッドラーで塗ったもの。

 

微妙にムラがあるのが分かりますかね?

ただ、日本の色鉛筆では見つけるのが難しいようなビビットな色がありますし、お値段が手ごろっていうのも海外のメーカーさんの良いところ。

初心者には日本製の色鉛筆がオススメです

大人のぬり絵をこれから始める方で、色鉛筆は?と迷っている方。

三菱色鉛筆、トンボ色鉛筆は やっぱり安定・ド定番です。
トンボ色鉛筆のIROJITEN(色辞典)なんかは、「自然界にある色を再現したオリジナル色」と言うだけあって、中間色が多くて普通の24色では満足できない方におススメです。
(パッケージもとてもオシャレW)

個人的に、私は日本製をオススメします(^_^)
日本製の紙にマッチして気持ちよく色を塗っていけますから。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ